トップページへ戻る > 失敗しない施工業者の選び方

失敗しない施工業者の選び方

お客様との信頼関係が大切なマンションの大規模修繕・改修。そんな大事な修繕・改修工事をお願いする施工業者、みなさんはどうやって決めていますか? 誤った選び方はリスクやトラブルの原因となります。大規模修繕・改修業者選びを失敗しないための5つの選定基準をご紹介します。(あくまでも目安としてご活用ください)

失敗しない施工業者の選び方
  • 営業利益が過去3期連続黒字の会社。

    大規模修繕・改修中に業者が倒産すると非常にやっかいです。赤字の会社は倒産のリスクが高くなります。

  • 資本金が2億円以上の会社。

    優良な会社でも、資本が小さいと何かあった場合に倒産するリスクが高くなります。

  • 愛知県内に本社がある会社。または県内に従業員10名以上、営業期間5年以上の支店がある会社。

    優良な会社でも、少人数の支店業者はいずれ名古屋から撤退する可能性があります。

  • 過去3年間で愛知県内での分譲マンション大規模修繕の実績が7億円以上の会社。

    大企業でも、愛知県内で大規模修繕・改修の実績がない場合があります。

  • 監理責任者が1級建築士または1級建築施工管理技師の資格を持っている。

    当たり前の条件ですが、業者によってはそれさえ出来ていない会社もあるようです。

ページトップへ